冷間成形圧縮コイルばねの標準許容差 Cold formed helical compression springs

圧縮コイルばねの仕様の表し方 JIS B 2704-2 : 2009
Expression of the specification on helical compression springs

【自由高さ】
ばね特性の指定がない場合の自由高さの許容差は、冷間成形ばねの場合は、ばね指数によって下表による。
ただし、ばね特性がある場合あ、自由高さは参考値とする。
なお、許容差は、各欄の両条件のうち、絶対値の大きい方の値とする。
単位:o
                 等級
   D/d(ばね指数)
1 級
2 級
3 級
4以上  8以下 ±1.0%,±0.2 ±2.0%,±0.5 ±3.0%,±0.7
8を超え 15以下 ±1.5%,±0.5 ±3.0%,±0.7 ±4.0%,±0.8
15を超え 22以下 ±2.0%,±0.6 ±4.0%,±0.8 ±6.0%,±1.0

【コイル直径】
コイル直径の許容差は、冷間成形ばねの場合は、ばね指数によって下表による。
なお、許容差は、各欄の両条件のうち、絶対値の大きい方の値とする。
単位:o
              等級
  D/d(ばね指数)
1 級
2 級
3 級
4以上  8以下 ±1.0%,±0.15 ±1.5%,±0.20 ±2.5%,±0.40
8を超え 15以下 ±1.5%,±0.20 ±2.0%,±0.30 ±3.0%,±0.50
15を超え 22以下 ±2.0%,±0.30 ±3.0%,±0.50 ±4.0%,±0.70
許容差は、片側にとることができる。この場合には、表中の許容差を片側にとり、
"±1.5%"を"+3.0/-0%"などのように示す。

【総巻数】
ばね特性の指定がない場合の総巻数の許容差は、±1/4巻とする。
なお、ばね特性の指定がある場合の総巻数は、参考値とする。

【コイル外側面の傾き】
端面をテーパ加工又は研削を行ったばねのコイル外側面の傾きの許容限度は、冷間成形ばねの場合は、下表による。 H0:自由長
ただし、端面をテーパ加工又は研削を行わない場合のコイル外側面の傾きの許容限度は、受渡当事者間の協定による。

単位:o
   等級   
1 級
2 級
3 級
コイル外側面の傾き(e)
0.02H0(1.15゜) 0.05H0(2.9゜) 0.08H0(4.6゜)
注記:括弧内の数値は、傾きを角度で表した値で参考値を示す。

【ピッチの不同】
等ピッチのばねは、全たわみの80%を圧縮したときには、両端座巻部を除いてコイルが接してはならない。
ただし、全たわみの80%を圧縮したときの荷重(力)が最大試験荷重(力)を超える等ピッチのばねの場合は、
最大試験荷重(力)のときの高さに圧縮したときには、両端座巻部を除いてコイルが接してはならない。

【密着高さ】
ばねの密着高さは、一般には指定しない。ただし、端面を約3/4巻テーパ加工又は研削したばねで、
特に密着高さの指定を必要とするときは、JIS B 2704-1に規定sる式(12)で求めた値を密着高さの
最大値として指定することができる。

【表面状態】
ばねには、使用上有害なきず、腐食及びその他の欠点があってはならない。

【ばね特性】
<指定高さのときの荷重(力)>
指定高さのときの荷重(力)の許容差は、冷間成形ばねの場合は、有効巻数によって下表による。
単位:N
              等級
   有効巻数(Na)
1 級
2 級
3 級
3以上 10以下
±5%
±10%
±15%
10を超えるもの
±4%
±8%
±12%

<ばね定数の許容差>
冷間成形ばねのばね定数の許容差は、有効巻数によって下表による。
ただし、ばね定数を指定した場合は、指定荷重(力)のときの高さ及び指定高さのときの荷重(力)に
許容差を指定しない。
単位:N/o
              等級
    有効巻数(Na)
1 級
2 級
3 級
3以上 10以下
±5%
±10%
±15%
10を超えるもの
±4%
±8%
±12%




HOME        TOP



冷間成形引張コイルばねの標準許容差 Cold formed helical extension springs

引張コイルばねの仕様の表し方 JIS B 2704−3:2009
Expression of the specification on helical extension springs

【自由長さ】
ばね特性の指定がない場合の自由長さの許容差は、冷間成形ばねの場合は、
ばね指数によって下表による。
冷間成形ばねで初張力がない場合の自由長さの許容差は、受渡当事者間の協定による。
また、ばね特性の指定がある場合は、自由長さは参考値とする。
なお、許容差は下表に示す各欄の両条件のうち、絶対値の大きい方の値とする。
単位:o
              等級
  D/d
(ばね指数)
1 級
2 級
3 級
4以上  8以下 ±1.0%,±0.2 ±2.0%,±0.5 ±3.0%,±0.7
8を超え 15以下 ±1.5%,±0.5 ±3.0%,±0.7 ±4.0%,±0.8
15を超え 22以下 ±2.0%,±0.6 ±4.0%,±0.8 ±6.0%,±1.0

【コイル直径】
コイル直径の許容差は、冷間成形ばねの場合は、ばね指数によって下表による。
なお、許容差は、下表に示す各欄の両条件のうち、絶対値の大きい方の値とする。
単位:o
              等級
  D/d
(ばね指数)
1 級
2 級
3 級
4以上  8以下 ±1.0%,±0.15 ±1.5%,±0.20 ±2.5%,±0.40
8を超え 15以下 ±1.5%,±0.20 ±2.0%,±0.30 ±3.0%,±0.50
15を超え 22以下 ±2.0%,±0.30 ±3.0%,±0.50 ±4.0%,±0.70
許容差は、片側にとることができる。この場合には、表中の許容差の範囲を
片側におり、"±1.5%"を"+3/-0%"などのように示す。

【総巻数及びフック】
ばね特性の指定がない場合の総巻数、フックの対向角、フックの中心ずれ、フックの倒れ及び
フックの出っ張りの許容差は、受渡当事者間の協定による。
なお、ばね特性の指定がある場合は、参考値とする。

【表面状態】
ばねには、使用上有害なきず、腐食及びその他の欠点があってはならない。

【ばね特性】  
<指定長さ時の荷重(力)の許容差>
指定長さのときの荷重(力)の許容差は、指定する許容差の等級に応じて表1から係数αの値と、
許容差を指定するばねの有効巻数に応じて表2から係数βの値とを選択し、下式によって計算する。
   
  凾` = ±[B×α+(C−B)×β]
凾` 指定長さのときの荷重(力)の許容差
初張力(N)
指定長さのときの荷重(力)(N)
α 初張力のばらつきのばらつきの大きさを表す係数(表1による) 
β たわみに対する荷重(力)のばらつきの大きさを表す係数(表2による)

【表1−冷間成形ばねの初張力のばらつきの大きさを表す係数(α)の値】
等級
1 級
2 級
3 級
α
0.10
0.15
0.20

【表2−冷間成形ばねのたわみに対する荷重(力)のばらつきの大きさを表す係数(β)の値】
等級 
有効巻数(Na)         
1 級
2 級
3 級
3以上 10以下
0.05
0.10
0.15
10を越えるもの
0.04
0.08
0.12

<ばね定数の許容差>
ばね定数の許容差は有効巻数によって下表による。
単位:N/o
              等級
    有効巻数(Na)
1 級
2 級
3 級
3以上 10以下
±5%
±10%
±15%
10を超えるもの
±4%
±8%
±12%




HOME        TOP



ねじりコイルばねの標準許容差 Helical torsion springs

ねじりコイルばねの仕様の表し方 JIS B 2709−2:2009
Expresssion of the specification
【腕の自由角度】
ばね特性の指定がない場合の腕の自由角度の許容差は、巻数によって下表による。
なお、ばね特性の指定がある場合は、下表の腕の自由角度の許容差は参考値とする。
単位:°
巻   数
1 級
2 級
3 級
     3以下
±8
±10
±15
3を超え 10以下
±10
±15
±20
10を超え 20以下
±15
±20
±30
20を超え 30以下
±20
±30
±40

【コイル直径】
コイル直径の許容差は、ばね指数によって下表による。
なお、許容差は、下表に示す各欄の両条件のうち、絶対値の大きい方の値とする。
単位:o
ばね指数 D/d
1 級
2 級
3 級
4以上 8以下
±1.0%,最小±0.15
±1.5%,最小±0.2
±2.5%,最小±0.4
8を超え 15以下
±1.5%,最小±0.2
±2.0%,最小±0.3
±3.0%,最小±0.5
15を超え 22以下
±2.0%,最小±0.3
±3.0%,最小±0.5
±4.0%.,最小±0.7
許容差は、必要がある場合には片側にとることができる。この場合には、表中の許容差の範囲を
片側にとり、"±1.5%"を"+3.0/-0%"などのように示す。

【コイル部の長さ】
コイル部の長さの許容差は、ばね指数によって下表による。ただし、密着巻きのものには適用しない。
なお、許容差は下表に示す各欄の両条件のうち、絶対値の大きい方の値とする。
単位:o
ばね指数D/d
1 級
2 級
3 級
4以上 8以下
±1.5%,最小±0.3
±3.0%,最小±0.6
±5.0%,最小±1.0
8を超え 15以下
±2.0%,最小±0.4
±4.0%,最小±0.8
±7.0%,最小±1.4
15を超え 22以下
±3.0%,最小±0.6
±6.0%,最小±1.2
±9.0%,最小±1.8

【腕部の長さ】



腕部の長さの許容差は、材料の直径によって、下表による。
なお、許容差は下表に示す各欄の両条件のうち、絶対値の大きい方の値とする。

単位:o
材料の直径d
1 級
2 級
3 級
0.1以上 0.5以下
±2.0%,最小±0.3
±3.0%,最小±0.5
±4.0%,最小±1.0
0.5を超え 1.0以下
±2.0%,最小±0.5
±3.0%,最小±0.7
±4.0%,最小±1.5
1.0を超え 2.0以下
±2.0%,最小±0.7
±3.0%,最小±1.0
±4.0%,最小±2.0
2.0を超え 4.0以下
±2.0%,最小±1.0
±3.0%,最小±1.5
±4.0%,最小±3.0
4.0を超えるもの
±2.0%,最小±1.5
±3.0%,最小±2.0
±4.0%,最小±4.0

【腕部の曲げ角度】
腕部の曲げ角度の許容差は下表による。
単位:°
等級
1 級
2 級
3 級
αの許容差
±5
±10
±15

【表面状態】
ばねには、使用上有害なきず、腐食及びその他の欠点があってはならない。

【ばね特性】
指定ねじれ角のときのモーメントの許容差は、冷間成形ばねの場合は、指定する許容差の等級に応じて
表1から係数β1の値と、許容差を指定するばねの巻数に応じて表2から自由角度のばらつきβ2の値とを
選択し、次式によって計算する。

    凾l = ±(φ0×β1+β2)kTd
凾l 指定ねじれ角のときのモーメントの許容差(N・o)
φ0 計画ねじれ角(°)
β1 たわみに対するねじりモーメントのばらつきの大きさを表す係数(表1による)
β2 腕の自由角度のばらつき(°)(表2による)
Td ばね定数(N・o/°)

表1-たわみに対するねじりモーメントのばらつきの大きさを表す係数(β1)の値
等級
1 級
2 級
3 級
β1
0.03
0.05
0.08
表2-腕の自由角度のばらつき(β2)の値
巻数
3を超え10以下
10を超え20以下
20を超え30以下
β2
10°
15°
20°

<腕の長さを考慮しなくてもよい場合>         

<腕の長さを考慮する必要がある場合>

E 縦弾性係数(右表参照)
d 線径
D コイル径
N 有効巻数
α1-2 右図参照
 縦弾性係数表

 



HOME        TOP